月経困難症 生理痛を軽くするためのお話と低用量ピル2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回書きました「月経困難症 セカンドオピニオン 生理痛を軽くするためのお話と低用量ピル」の続きです。

前回はざっくりと私の子宮が人よりちょっと大きい事、子宮内膜症に似た子宮腺筋症である事、漢方ではPMSにはあまり効果が無い事を書きました。

続きまして先生から聞いた生理痛の軽減方法を書きますね!

生理痛の軽減方法 薬とうまくつきあう

これはですね、みなさん生理になってお腹が痛くなったり、頭痛や吐き気に襲われるとそれを和らげるためにお薬を飲むと思うのですが、実は3日程前から飲み始めるのが有効なんですって。

なぜかと言うと、その痛みや頭痛や吐き気はホルモンのせいなのです。

黄体ホルモンによって生理は起こるのですが、残念な事にその黄体ホルモンが痛みや吐き気を引き起こしているのです。

そのホルモンを抑制するのがイブなどの鎮痛剤です。

ホルモンが出てくるのは生理が起こる前なので、3日程前から飲む事によって軽減させる事が可能なんですって。

目からうろこでした。

これは生理痛がひどい人向けの対処法です。

ピルに抵抗があって、なおかつPMSもひどい、生理中も吐き気や頭痛がひどい人に向いています。

生理痛の腹痛だけであればその時に服用したり、漢方がおすすめかもしれませんね。

ピルのお話 ルナベルULD 超低用量ピル 保険適用

私が処方してもらったのはルナベルULDと言う超低用量ピルです。

治療目的ですので保険適用です。

基本的には他のピルと同じですので、妊娠はしないようです。しかし目的が違いますので避妊については書かれていない事が多いようです。

早速飲み始めて2週間ほど経過しました。

飲み始めて3日くらいは眠気と吐き気があったように思いますがいつの間にか慣れてしまったのか今は感じません。

飲み終わる頃生理になるので、その前と最中にどのように変化があるかまたご報告できたらと思います。

 

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*