パパ 救急車で病院に運ばれる 人の温かさに感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日、パパは何日経っても腰が良くならないのでぎっくり腰と自己判断は良くないので救急車を呼びました。
もう3日目なのにまだ歩くのは牛歩、座るのは脂汗ですから。。。
とにかく病院で何が原因か、どうしたら良くなるか教えて貰わねば。

救急車の隊員さんはとても親切でした。
主人も、最後までしっかりついてくれて心配してくれて本当にありがたかったと。

結局入院にはならず、検査をしてコルセットや薬などを貰って帰宅する事が出来ました。
入院してゆっくりできたらそれはそれで良かったかもしれませんが、本人が良い状態なのが何よりです。

しかし、我が家のように小さな子供がおりますと、さあ夫が入院となると大変です。
とりあえず一緒にいってあげられませんので、一応入院準備はして救急車に乗せてもらいました。
入院が決まったら後から私が手続きに行く予定でした。

ところが当日帰宅となったのですが、なんと処方箋を貰ってもお金の持ち合わせと薬局まで行くのが大変です。
主人は薬局は諦めていたようです。
しかしタクシーの運転手さんが本当に親切な方でして。
なんと「を薬局はどうされますか」と聞いてくだり主人が、持ち合わせが足りないことや体の事をはなしましたら
「それはお困りでしょう」と薬局のお金を用立ててくれると。
薬局でまってる時間もメーターは止めておくと・・・
本当にいまどきこんなに優しい方いるんですね

なんとか薬局お金足りたようなので借りすみ、家の前についたらすぐに私がタクシー運賃は支払ました

今回はたくさんの方の優しさに触れた私たちです。
本当にありがとうございました!

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*