京都 妊娠した高校3年生に体育の実技をしないと卒業できないと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人的な見解ですが、妊娠した学生がしっかり卒業目指して通学を続けているのに
「体育の実技」持久走などをやらないと成績1しか出せないから卒業できないとか酷いと思っています。
だって妊娠は悪い事ではありません。
彼女は産む意思があります。
またネットで「妊娠したら退学だろ」と。
これも違うでしょ。
だって16歳で結婚できるんですもの。

特別な事情があれば実技を受けずに卒業できるけど、妊娠は「特別な事情ではない」と。

妊娠は「病気ではない」と言う言葉をまるで間違ってつかっている人たちと同じよね。
これは本当の意味は以下のようなものです。

“妊娠は病気じゃないのだから、特効薬も何もない。そして、明らかに正常な状態とは全く違う。普段以上に気を付けて過ごしましょう”

出典「妊娠は病気じゃない」の本当の意味|ゆきんこ先生のこころのこころのねっこ(*´∀`*)

甘えるなとかさぼるなとかではないのですよ。

高校生が妊娠することを想定していないからとかも書かれてましたが、高校生が結婚する事は想定していないの?
法律で認められてるのに?

でも罰則はありますよね、飲酒とか喫煙とか。
逆にこれは許されてないのに。

なんだか変なんだよね。

短大時代は妊娠しながら通っている人もいたし、先生も通学を減らしてくれてレポートメインでいいよとか言ってくれましたけどね。

今回一番腹立たしいのは、妊娠した学生さんがちゃんと産みたい、育てたい、学びたい、卒業したいと意思表示してるのに学校がそれを出来ないように邪魔してるからなんですよ!

これじゃブラック企業と一緒。それ以下かしら。
妊婦さんに「みんなが気を遣うから会社やめてくれない?」みたいな。

みなさんはどう思いました?

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*