母乳神話を一喝された 大切なのは赤ちゃんがお腹いっぱいになってよく眠る事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三女は2700gくらいで誕生しました(*^_^*)
小さく産んで大きく育てる、万歳!

しかし私の貧乳からは溢れんばかりの母乳はなかなか出て来ませんでした。
でもせっかく出てはいるので、ミルクを作るのは大変だし家計の事を考えるとやっぱり母乳オンリーで行きたいと考えていました。

正直、最近のミルクは大変よく出来ており、栄養的には問題ない事は承知していました。
母乳が何故良いかと言うと、哺乳瓶より飲むのが大変で顎の発達に役立ち、脳にも良い影響があると聞いていました。
また母乳であれば嫌でも(嫌ではない)スキンシップが多くなるので、その点も良いと聞いています。

それに最近では断乳より卒乳と言う言葉が生まれ、いつまででも飲んでいて良いと言う話になっていますね。
このような話はまた数年後には変わっているかもしれませんが(^_^;)

しかし!まず1か月検診で完全母乳であることを検診の先生に伝えたところ、子供の体重の増え方や授乳の回数を見ながら・・・
「母乳に何かこだわりがあるの?」と。
私は「特別こだわってはいませんが、出来れば母乳の方が良いかと思って」と答えました。
どうやら少し子供の体重の増えが良くなかったようです。
また2時間おきの授乳であったため、少し疲れていました。
先生は「あのね、一番大切なのは”赤ちゃんが満腹になる事”なの。そして気持ちよく眠る事なんだよ」とはっきり言われてしまいました。

たしかに、、、お腹がすいてすぐ起きてたら赤ちゃんも辛いよね。

そんなわけで「しぶしぶ」ミルクも足す事にしました。

それでも出ている母乳を止めたくなかったし、たくさん出したかったので混合で育てました。

結局母乳は10カ月くらいまで頑張りました。
とはいえ、3ヶ月くらいの時には乳首が切れてしまい本当に辛かったし、母乳ってとにかく肩が凝りますよね(^_^;)

乳首が切れてしまった時には病院から貰ったベビーオイルを貰って塗りました。
前にもちょっと紹介しましたが、赤ちゃんの口に入っても大丈夫なグリーンベビーオイルを塗ってました。

グリーンベビーオイル

グリーンベビーオイル

おっぱいがカチカチに熱を持ったらクールジェルパッドを当ててしのぎました。

クールジェル

クールジェル

末娘も8ヶ月くらいまで母乳で乗り切りました。
懐かしいな。もうおっぱいをあげる事はないんだろうな。。。

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*