地震での親戚や知人の状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この震災でお亡くなりになられた方のご冥福をまずはお祈りいたします。
小さなお子さんがなくったこともとても悲しいです。
もし自分の子供がと思うとその理不尽さを受け入れる事はできません。

たとえ病気でも事故でも理由がなんであれ、罪のない命が消えていく理不尽さにくやしさでいっぱいです。

またご高齢の方も、見守りにむかう途中だった方もいらっしゃいましたね。
命つきるまで子供を見守ってくださいまして、本当に感謝いたします。

命の若さや老いに関係なく、命の重さや受ける愛は同じです。
ご家族のみなさんもお辛いことと思います。

わたくしの親戚は震源地から離れておりましたので震度4ほどだったようで、ほとんど影響はなかったようです。
それでも高齢でしたので母の兄弟で一人でお住いの方は大丈夫だったかと心配しておりました。

ほっとするのと同時に、とても悲しい気持ちが消えず、自然は私たちにどうしなさいと言っているのだとさけびだしそうです。

神様に期待をするのは間違っているのかもしれません。
神様は人の心で思うだけで、何もしてはくれないのでしょう。

そうでなければ、失われていく命に納得などできません。

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*