2歳男児が軽車内で死亡、全身にやけど 栃木・芳賀町の駐車場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2歳の男の子が車に置き去りにされて命を落としてしまいました。
どれだけ寂しく、暑く・苦しかったかと思うと胸が張り裂けそうです。

まず、最初に述べておきますが「親」が「子供を保育園に送迎」するのに「忘れる」と言う事はあり得ないと思っています。

たくさんいる子供のうち一人を車から降ろし忘れる事だってありません。

「忘れた」と言えば過失になると思ったのでしょうか。

そうかと思えば3歳の男の子は実母と養父に虐待を受けただけでなく、最終的には浴室に監禁され死亡してしまいました。

何故自分より弱いものにそのような事をするのか。
全く同情も理解もできません。

普段から「大きな声で怒ってしまう」「お尻をたたいてしまう」「頭をゴツンとした」とかとは全く「虐待」って違いますよね。

悪い奴はいつだって抵抗できない弱いものにしかこのような酷い事ができない。
卑怯なやつらです。

自分より強いものにはとてもむかっていく勇気などない。

児童虐待には厳罰を与えるべきだと思います。
養育費の不払いは強制的に徴収すべきだし。

一体「親」になると言う事をなんだと思っているんだ!

親になると言う事は
「命を守る」(衣食住)
ことではないのか?

綺麗な部屋でなくてもいいし、ごちそうでなくてもいい。
質素な服でもOK。
最新のおもちゃもない。

でも、温かい布団で眠り、ご飯を楽しく頂いて、学ぶ事ができればいいではありませんか?
せめてそれくらい全ての子供に当然のようにさせてあげなくては。

なんですかね、貧困児童って。
ここは日本ですよね?

政治家の皆さんに、もっともっと現実を見てほしい。

サイトに色々書いては見るけれど、このサイトを見て下さる方達は一生懸命子育てされている方ばかりなんですよ。

虐待する(追いつめられてではない)親はこのサイトには来ませんからね。
難しいですね。

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*