被災地 生理用品は不謹慎の声 そして子供達はどうしているどうろか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

熊本で甚大な被害をもたらした地震で既に47人の方が亡くなられたとの事、本当に大変なことと思います。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

そして、ご遺族の方や被災されている全ての方々のご心労や悲しみ、今も続く避難生活を思うと胸が痛いです。

3.11の時には少しの募金をさせて頂きましたが、今回はまだ何も出来ておりません。

そんな中「生理用品は不謹慎」とされて3.11の時には配布されなかったというツイートが出たそうです。
真偽は不明なようですが、生理用品は女性にとって必要なものですから必要とする方々の手元に届くといいなと思って読んでおりました。

乳幼児にはオムツやおしりふきも必要ですし、ミルクなども本当に重要な問題ですよね。

小さなお子さんをお持ちの方が、周りへの迷惑を考えて避難所に行けないなどと聞くと本当に大変な事態だと思います。

小さな子供達は空腹に耐えられないでしょうし、遊ぶ事も出来ない状況ではストレスもたまり泣いてしまうでしょう。
「静かにしていなさい」なんて言われてもできるわけないですものね。

我が家でも子供達が食べ物を粗末にしたら「世の中には食べたくても食べられていない子供がたくさんいるのよ、大切にしなさい」と声をかけたりしてます。

小さなお子さんや、そのお子さんのお世話をされているご家族もさぞかし大変な状況にあると想像されます。
こんな時になんの役にも立てず、無力だなと感じます。

少しでもお役に立ちたいと、今回も募金はさせて頂こうと思っております。
1日も皆様が日常を取り戻せるよう心からお祈りしています。

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*