2歳・3歳児 つまらない事で怒ってしまう自分が嫌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お庭が出来た事で、公園までいかずに毎日遊ぶ事ができるようになったのですが、ちょっと悩んだりしています。
それは、自分自身がつまらない事で子供に怒ってしまう事です。

2歳と3歳では当たり前の行動なのかもしれないのに、イライラしたり許せない気持ちになったりしてしまうのです。

例えば。。。お庭でお弁当を食べてから遊ぶのですが、2歳の娘はご飯をあまり食べないうちに遊びたくなってしまい立ち上がってしまいます。
そして口に入ったものをべぇ~っと出してしまうのです。
「ちゃんと食べなさい」「座って食べなさい」が口癖になっています。

次にお庭に植わっている植物の葉っぱをちぎってしまうのです。
枝を折ってしまうのです。
「やめなさい」「同じようにするよ」と怒ってしまいます。

シャボン玉をしていて、だんだん飽きてくるとシャボン玉の液を手や顔に塗りたくってしまう事もあります。
「駄目っていってるでしょ」と怒ってしまいます。

そして毎日のようにシャボン玉の液を足で踏んでこぼしてしまうのです。
遊びに夢中になっているので見えないのでしょうね。
シャボン玉の液がなくなると遊びは終わりになってしまうので、それはそれは不機嫌な顔をしてしまいます。

せっかくお庭で楽しく遊ばせてあげたいのに、私の怖い顔や怒る声ばかり。

きっと2歳や3歳では当たり前のことなのに。。。

あぁ嫌だ。
こんな自分。

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*