歯槽膿漏の歯茎のはれ・出血・痛み に家庭で出来る救世主?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

長女を出産してからというもの、不摂生もたたり歯周病や虫歯が発生したりと口の中の悩みが絶えないきりんママです。
虫歯は治療で治っておりますが、歯周病と言うのは進行を止めるくらいしか今の技術では出来ないのでしょうか。

わたしはここ10年疲れがたまったり寝不足など抵抗力が落ちると決まった場所の歯茎が腫れてしまいます。
ひどい時は食事もできない程痛みます。

ひどく腫れている時は治療もできないのか歯医者さんでも消毒して、抗生物質を処方してくれるというのがかかりつけの歯医者さんの方針です。
ちなみに歯周病の治療はしています。
麻酔をして歯茎のポケットを綺麗にするという方法です。
改善した場所もあれば、結局疲れると腫れてしまう場所もあります。

今回はいつもと違う場所が腫れてしまい、頭痛がするほど。
でも仕事と子育てでなかなか歯医者にもいけず1日1日を過ごしておりました。

そんなある日「そういえば薬局に行った時に新しい歯槽膿漏の治療薬が発売されたとポップをみた!」と思い出したのです。
すがるような思いで楽天で検索しました。
ありました!
ロート製薬 「歯を失う原因となる歯槽膿漏のはれ 出血 痛みに 」
そうそうこれこれ!

何故この治療薬が気になっていたかと言うと単なる痛み止めではないからです。
「歯槽膿漏の炎症をおさえ、弱った歯茎組織を修復する」とあるからなんです。
歯ぐきの組織を修復するってすごくないですか?

早速注文して使い始めました。
使い方は簡単です。患部に肌色のこの薬を塗りながらマッサージするそうです。
実際にやってみたところ、口の中は濡れているので肌に塗り込むような感じにはいきませんが、特に痛む歯と歯の間の深いポケットには歯間ブラシも駆使して
薬を塗ってみました。

するとスーッとした感じがしてとても気持ち良かったです。
ちょっと舌にもついてしまい味はイマイチですが我慢できない程では全然ありません。

翌日起きてみると。。。腫れがひいて歯ぐきがしまった感じがしました。
これ、口内炎などにも効くようです。

まだ使い始めて3日ですが、良い感じだと思います。

だいたい歯ぐきが腫れると応急処置の方法を検索するのですが
「冷やす」「痛み止めを飲む」くらいしか出来ないと書かれています。

ですので、私にとってこの歯槽膿漏の治療薬は衝撃的に嬉しかったのです。
私のように歯ぐきの腫れや痛みにお困りの方は検討されてみても良いかもしれません。
※購入や使用についてはよく注意事項を読んでくださいね!

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*