【あなたは大切 生きてるだけでいいのですよ】 高校生の娘が泣いていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近高校生の娘が元気のない日が何日が続いていました。
新学期も始まってちょっと疲れているのかなと思っているくらいでした。

でもある夕方、明らかに涙目になっているように見えました。
私は「どうしたの?泣いているの?」と聞くと
「泣いてない」と泣いているのに言いながら部屋に入ってしまいました。

思わず部屋までついていき「どうしたの?」と食い下がりました。
娘「なんでも無いって言ってるじゃない!」
母「なんでもないのに泣くわけないでしょ、話してごらん」

娘「だからなんでも無いって言ってるのに放っておいてっていってるのよ!」と
娘にしてはめずらしく語気を強め、さらには足を踏み鳴らして部屋から出ていくよう怒っている。。。が
私もそこで引き下がるわけにはいかない。
「ママに話してごらんよ、なにか出来るかもしれないよ」
『ママに話しても何も変わらないからあっち行って!』とさらに怒ってしまいました。
もう号泣状態です。

仕方なくすごすごと部屋を出て様子を見る事にしました。

あれから2週間ほど立ちましたが、いつのまにが娘は元気に戻っていました。
良かったです。

すごく不安で心配になったし、何もできない自分がはがゆくてたまりませんでした。

でもね、もう娘もお年頃だしいじめとかだけでなく失恋をしたりすることもありますよね。
そう考えると本当に私は過保護なのかもしれません。

でも娘の笑顔や命を守るためならなんだってやれるのです。
しかし本人から悩んでいる事などを聞く事と言うのはとても難しく、簡単に出来る事ではないのだと痛感しました。

もうすぐ5月。

進学したり進級したり、はたまた就職したり。
やっと1か月経とうとしています。

主人が4月中頃「最近まともに電車で目的地につけない」と言うので「どうしたの?」と聞くと
どうやら4月はラッシュに慣れていない新社会人さんや学生さんが電車で倒れてしまうらしいのです。

ラッシュでの通勤を経験していない私はとても驚きました。
主人いわく、環境の変化にみんな大変なんだよ。とのこと。

どうか皆さん無理をしないでくださいね♪

そして今「学校に行きたくない」「ひとりぼっち」「いじめられている」「自分は価値がない」「死んでしまいたい」とふと思ったりしている人に。。。

あなたは間違いなく大切な人です。
生きているだけでそれが価値でありあなたの笑顔は素敵で魅力的です。
あなたの命そのものや、存在していくれる事に代わるものはひとつとしてありません。

あなたがたとえ学校や会社にいけない心の状態になってしまっても、あなたであることに変わりはありません。
そのままのあなたが大切です。

人間誰でも時には不安になり、生きづらいと感じる事があります。
それを乗り越える事は簡単ではないでしょう。

乗り越えたと言う人が「大丈夫」とか「私もそうだったけど」とか色々いうかもしれません。
でもそんなのその人の置かれている状況や環境によって全然違うから気にしないようにしてみてください。

人の言う事なんて「ふーん」で良いのです。
辛い、辛すぎる事からは戦ったりせず逃げたった全然OKです。

人生の中でちょっとお休みした1年や2年なんてちっぽけだし、その休養はあなたの栄養になります。
人生無駄な時間はありません。
長女は浪人中です。
浪人した分人よりたくさん学校に通って勉強しているなんて得してると思ったて良いと思いませんか?

大人になってからも勉強はできます。

大手に入る事だけが価値があるわけではありません。
どう捉えるかも自分次第です。

学校に行きたいけど辛い、そんな人は保健室の先生に相談してみてはどうかしら。
これもまた「環境」だから必ず救われるとは言えないけれど。
学校を休むことに罪悪感や抵抗がある人はまずそこから初めてみたらどうだろう。
そしてそこで勉強させてもらえないかしら。。。

身近な人に相談できない時はいつでも相談してね。
私なんて聞いてあげる事しかできないけど。

でもほら4人子育てしていて、いろんな子供だから(笑)
ね、絶対生きてね。
それだけでいいよ。
あなたは大切。
他人の言う事を気にしない。
あなたを大切に思ってくれる人を想像してみて。

もしいないと思ったら私があなたを大切に思っている事思い出して!

全てはあなたの休養・栄養。
人生は木のようですよ。
花が咲くこともあれば、花は散る事もあります。
でも散る理由は種を作る為です。
時に上に伸びていかないで横にばかり枝が伸びるかもしれませんね。
いいのです。
葉っぱが横に飛び出て太陽の光が欲しいんだから。

これは私が素敵だと思う年下なのに素敵な女性が私の娘の受験の際に言って下さった言葉を
私なりに引用したり解釈させて頂いたものです。

出会いは無限で素晴らしいものです。
どうかあなたと私の子供たちが素晴らしい出会いに恵まれて。。。人生の最後に「悪くなかったね」と言えると良いなと思います。

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*