3歳までミルクばかり飲んでいて心配だった娘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実は3歳になるまで娘はミルクばかり飲んでいた娘です。
離乳食や食事が嫌いなわけではなかったのですが、食は細くすぐに「ミルク」と欲しがります。
あげないと泣くので仕方なくすぐにミルクをあげていました。
市の職員の方からは「3歳くらいまでは大丈夫ですよ」と慰められていましたし、私も「大きくなっても食事をしない子はいない」とタカをくくっていたのかもしれません。

妹がいるせいか哺乳瓶で飲みたがるのが一番の心配事でした。

一体どれくらいミルクを飲んでいたかと申しますと。。。一日200ccを4回は飲んでいました。
ガリガリではありませんでしたが、小さい時から背は高いけれど細身でした。

でも、ある時を境にパッタリと哺乳瓶を卒業しました。
それはね、哺乳瓶の乳首を噛みちぎった時です。

それをチャンスに「○○ちゃんの哺乳瓶はもう乳首がないから飲めないよ」と話しました。
そして大好きなおばあちゃんに買ってもらったコップを見せて、これで飲もうねと話しました。

それ以来一度も哺乳瓶は使っていません。

それに伴いミルクの回数も減りました。
フォローアップミルクを何回かは飲みますが、ストローマグです。

食事の量も徐々に増え始めました。
次はオムツを卒業するぞ!

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*