2歳と3歳のこの1年で子供は大きく変化する事を目のあたりにする日々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2歳になった末娘はよくしゃべり、こちらの言う事をとてもよく理解しているように思います。
2歳と3歳の娘は二人でよく遊びます。喧嘩も絶えない毎日ですが見ていると幸せを実感します。

あまりに二人が一緒に仲良く遊んでいるので、つい二人を同じように扱ってしまいますが、2歳と3歳の成長と言うのはびっくりするほど違う事を実感します。

三女は落ち着きがなく、食事に出かけても座っている事ができなくて大変でした。
しかし3歳半になり、多少遊んでしまいますけれど、ずいぶん長い間座って食事に集中できるようになりました。
2歳の娘をみていると3歳の娘がしていた事をまるでコピーのようにするのです。
だから余計に成長を感じる事ができるのでしょうね。

2歳児→お茶をわざとこぼしてしまう 3歳児→こぼさない
2歳児→ご飯を口いっぱい食べてベーっと出す 3歳児→出さない
2歳児→つばを出して遊ぶ 3歳児→出さない
2歳児→クレヨンをテーブルに書いてしまう 3歳児→書かない
2歳児→靴下は履けるけどちゃんとではない 3歳児→ちゃんと履ける
2歳児→髪の毛を結ぶと取ってしまう 3歳児→結んでいられる
2歳児→おもちゃを投げる 3歳児→投げない
2歳児→開けてはいけないところを開ける 3歳児→開けない

ほんの一部ですが、こんなに違うものですね。
2歳児の時は三女も全部していた事です。

成長って本当に凄い!

それと同時に、こうして少しずつ手がかからなくなっていくのだな、、、なんてしみじみしていると、主人から「手のかかる場所が変わってきただけでママはいつも大変だよ」と言ってくれます。

確かにそうですね、長女だっていまだに手がかかりますから(笑)

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*