どうにもならないカチカチ便秘の救世主はこれ!※お食事中はご遠慮ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性は便秘しやすい

そもそも女性は生理前、妊娠、授乳中と大変便秘しやすいのかもしれませんね。

若い頃は便秘と無縁だった私も妊娠を機会に便秘になり、授乳中も悩まされ、今は飲んでいる薬の関係で便秘がちです。

 

カチカチになってからでも最後の救世主がいる

普段から便秘には気をつけているつもりなのに、うっかり2日もしてない時があります。

便は既に腸の中で干からび始め、ウサギはウンチのようなコロコロカチカチに。

そうなるとやっかいですよね。

よくYahoo!知恵袋なんかでも、出かかってるのに出ない。

なんて相談をみかけます。

私も長女を妊娠した際に、ものすごい便秘をしてしまい妊娠8カ月頃にトイレから出られなくなってしまった経験があります。

だって「戻す」ことも「出す」こともできなくなってしまったのですよ。

こうなる直前に手を打てば、もしくはこうなってしまっても「トイレにこもる前」に手を打てばなんとかなるのです。

それは「酸化マグネシウム便秘薬」の存在です。

酸化マグネシウム便秘薬は妊娠中でも飲める

そう、この救世主は妊娠中も授乳中も飲めるから安心。そのうえクセになりにくいのです。

出産経験者の多くが、産後病院から「マグネシウム」を出されるのではないでしょうか?

たくさん飲んだらもちろん「下痢」しますが、私はもう慣れたもので「ちょっと便秘かな」と思ったら2つのみます。

だいたい翌日の朝にはOKなのですが、それでもだめなら2つ足します。

そんな感じで「自分で調節が可能」なのです。

妊娠中こそ便秘は大敵

そうです、妊娠中こそ便秘になってはいけないのです。

しかしその事を20年前産科では教えてくれませんでした。

そのせいで※ひとのせい(^_^;) 私は大変な目にあったのですが、それはまた後日。

でも今は妊娠中にたくさんの情報が手に入るようになりましたので、三女・四女の出産では便秘しそうになったら
産科でマグネシウムを処方してもらっておりました。

カチカチになった時の正しい飲み方

それでは早速カチカチになって、うんともすんとも言わない時の酸化マグネシウムの飲み方です。

それは大量に飲む事ではありません。

マグネシウム自体は3つ~6つまでを最初は目安に飲みます。
その後「たくさん水を飲む」これが大切です。

そう「水をたくさん飲む」と便が柔らかくなるのです。

既にかたくなった便も柔らかくなるのです。

だいたい2時間ほどで効果が出て来ますので、お出かけなどには時間を計算してからが良いかと思います。

いちいち病院で処方してもらうのが面倒な方はネットでも購入できます。

私も最近では病院に行く時間がないのでネットで買っています。

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*