子育て 1+1は2ではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子育てをしていて思うのはつくづく「1+1=2」ではないという事です。
例えば子供を育てる大変さ。

これは絶対2ではないですよね(笑)
だって子供って1人だと割と静かに遊んだり、臆病だったりする面もあるけど。。。
2人になった途端仲間が増えて大騒ぎです。
しかもイタズラも仲間がいれば怖くないのか派手なイタズラしてくれます。

お店の中で走って逃げるときにも親をあざ笑うかのように全く別の方向に散り散りに逃げていきます。
2回追いかければいいのではないし、倍うるさいで済むのでもありません。

双子ちゃんにいたってはおっぱいやおむつ替えも順番に2回やればよいのではなく、同時におなかがすくもんだからママはもうパニックですよね(笑)

でも悪いことばかりでもなくて、2人だから心強かったり、楽しかったり。

一人も悪いなんて思いません。
一人だからこそ手間をかけてあげられる事も多いでしょう。

そしてこれってもちろん正確に大きく左右されるし、ひとりっこちゃんだって幼稚園や保育園では仲間に囲まれてやんちゃしてるはず(笑)

私がいいたいのはちょっとした愚痴とわらいです。
子供が2人は決して2倍ではないってこと。
子供1人が決して1倍ではないってこと。

4倍になったり半分になったり、そのときそのときで違うんですよね。

でも一人目はやっぱり大変は大変ですよね。
だってこんなにか弱くて、壊れちゃいそうな赤ちゃんを「ママ」「パパ」って名前になって育てるんですものね。

ママは生まれてからずっとママではありません。
ある日おなかにいた赤ちゃんが目の前に出てきて、胎盤からではなく母乳やミルクをあげたりするわけで、
本でいくら読んでも実践ではないんですよ。

パパと一緒。
そうパパも一緒。

だから一緒に育てていきましょうね。
たとえ役割は日々違ったとしても。

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*