年子のような2歳0カ月と3歳6カ月の育児は想像以上に・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なかなか無くならない子供の虐待、心が痛いです。
昨日も3歳と2歳のお子さんが衣装ケースに入れられて2歳のお子さんが亡くなりましたね。

テレビを叩いたから・・・

うちの子たちなんてテレビに登ったり舐めたりしますけど、おろす程度です。

年子を面倒みるのは大変ですが、あり得ないやり方で怒りでいっぱいです。

うちも同じく2歳と3歳。

先日満2歳になった末娘。

絶賛魔の2歳児です。

でも末娘基本扱いやすい娘です。

割とおとなしく一人遊びも上手。機嫌のよい時が多い。

まだ哺乳瓶でフォローアップミルク大好きでママが持って飲ませないと駄目※他の人拒絶

自我の芽生えにより強いこだわりも出てきました。

気がすむまで電気のつける消すを繰り返す。

とめると大泣き。とにかくおお泣き。

トイレトレーニングも自分でやりたいのにママがうっかり水を流そうものなら大泣き。

何度も洋服を着替えたがる。

泣くと手がつけられない暴れっぷりですが、気が済めばけろりとして可愛いニコニコちゃん。

そこに元来甘えっ子の三女がまだ若干魔の2歳児をこじらせてます(^_^;)

寝起きにママの姿がないと大泣き。

抱っこ抱っこ。

眠い時ママの手を触らないと寝られない。

寝がえりをママがうつと「ウギャーー」きっと決まった手のポジションがあるのでしょう。

でも哺乳瓶を卒業してくれた点ではとても楽!

マグストローでちゅうちゅう(笑)

ご飯は甘えて最後の方は「食べさせてください」とか隣にすわるのは「ママ」「○ちゃん(長女)」と強いこだわり。

そのくせとっても生意気で次女と13歳も年が離れているのに猛然と喧嘩をしかけます。

次女も本気で?戦います。

この恐竜のような二人のお世話は毎日クタクタです。

お風呂もお年寄りの私には大変なお世話になっています。

いれるのはOKなんです。

だいたい上がりたがらないのですよ。

なのでまず自分があがってドアを少し開けたまま服を来て髪を乾かします。

次に「どっちがあがるの?」と声をかけますが、まず素直に出てくる人は一人もいません。

何度も声をかけて待ちくたびれてやっと末娘が「あがる~」と言ってくれます。

はい、肩まで改めて湯船にいれて10数えます。

体を拭いて、クリームを塗ってオムツ履かせてシャツ着せてドライヤー。

このドライヤーでまたひと悶着。

自分でやりたいとか大騒ぎ。ハァハァ。。。すでにママ疲れています。

やっと乾きました。

はい次に三女。

なかなかあがらない。。。

ちょっと怒るとやっとしぶしぶオモチャを片付けます。

これがまたスローリー。

末娘がいたずらしてないか気になりながら、三女を湯船につけ10数えて上がらせます。

そしてまた体を拭いて、クリーム塗って、髪を乾かす。

でも三女は少し大人になりましてドライヤーではもめないので!嬉しい!

でもね、でもね、ママもうヘトヘトなの(笑)

最後にお風呂場を片付けて、洗面所に掃除機をかけておしまい!

本当に育児中のママ・パパお疲れ様と言いたい。

デスクでコーヒーを飲みながら企画書を作ったり新しいソフトの開発案をワクワクしながら話し合っていた頃が嘘のよう。

PCはメモリさえ積めばさくさく言う事聞いてくれるの。

でも子供は動いてくれないし言う事も聞いてくれないの。

部下は失敗したりもするけど話は通じる人がほとんど。

私も失敗するし(笑)

アポや業務のせいでご飯を食べ損ねたり遅くなったりするけど、毎日ではないの。

残業もあったけど夜中に2時間おきに起きたりする苦行はないの。

毎月ご褒美に?お給料が貰えるの。※毎日我が家は夫がねぎらってくれるからこれはいいか

半年に一度上司が私の成果を判断してくれるの。※これも夫が私の存在価値をいつも認めてくれてるからいいの

仕事と育児は比べるものではないのだけど、もし世の中のご主人や育児から遠い場所にいる方で「子育てが楽」とか「家にいられて言い身分」とか「暇そう」なんて「もし」思っている方がいらっしゃったら・・・
どうか一人でゆっくりお風呂に入って上がれる幸せをかみしめてみてください。

その時に私が子供をお風呂に入れてあがるまでの工程を想像してみてください。

毎日です。しかもお風呂だけではないのです。

あなたの奥さんや妹、お姉さん、代わりに育児をしてくれている人がしてくれていること想像して労ってあげてください。

きっとその方達は幸せな気持ちになります。

でもす~っごく大変な育児も、天使のような子供の笑顔や寝顔で癒されるのです。

お仕事でヘトヘトになったお父さんお母さんもそうですよね(^^)

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*