1歳の娘 ドアに指を挟んで救急車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨日の夜はちょっと我が家はパニックでした。

夕食が終わりお姉ちゃん達が順番にお風呂に入っていた時の事でした。

主人がトイレに行こうと部屋を出た時の事でした。

突然下の娘が「うわーん」と悲鳴と言うより「誰か~どうしよう」と言う雰囲気の声で訴えて泣いていました。

私はてっきり、部屋の柵に腕がひっかかって抜けなくなったのかと近づいてみるとなんと!

ドアに指を挟まれた状態でドアがぴったりとしまっておりました!!

IMG_20160329_074432

私は急いでドアを開けました!

とは言え、一瞬何が起きているのか分からず子供の指が見えないので正直驚きでパニックでした。

開けたら楽になるのかどうか一瞬迷いましたが、いや挟まっているのだから指を抜かなくては!と我に返りました。

ドアから手を抜くと人差し指と中指にくっきりとドアの跡が残って紫になって、血もにじんでいました。

骨が折れているかどうかすぐには解りませんでした。

一番パニックになったのはパパです。

自分のせいで指を挟んでしまった事もあったのか、急いで戻り「ごめんねどうしよう、どうしよう」そんな感じでした。

私はすぐに「冷やすものを持ってきて」とお願いしました。

冷静なそぶりをしましたが、パニくってました(^_^;)

なんとなく指が動いているように見えたので、折れてはいないかもとは思いましたが何かが断裂していたらどうしよう。。。などと考えていました。

3歳の娘は何が起きているのか分からず笑っていたので、つい「笑う事ではないのよ」と言ってしまいましたが、今思えばわかりませんよね。

長女が近くにいたので3歳の娘を頼みました。

パパは「救急車呼ぶ?」としきりに聞いて来ました。

迷いました。#8000 には以前3歳の娘が額を切った時に電話したのですが、ちっとも役に立ちませんでした。

だって近所の整形外科の電話番号を教えましょうか?くらいの事しか言われませんでしたので「そんなんわかるわ~!」と思った思いでが蘇りました。

こちらとしては「救急車を呼ぶべきか聞きたい」のに、近所のおばさんと話しているような感じなのです。

なので迷いましたが、とりあえず救急車に状況説明。その間も冷やし続けましたが娘は号泣してます。

このままで吐いてしまうだろうなと言う勢いの泣き方です。

主人は急いで着替えをして、持ち物の準備をしてました。

私は主人の車のカギを預かり、後から追うつもりで長女に三女を頼んでいました。

そのうちに救急車が到着しました。

 

するとなぜか娘がぴたりと泣きやみました。

救急隊員の方に傷を見せている時も、まるでさっきまで泣いていたのが嘘のよう。

挟まれた後は凹んでいたのが、今度はぷっくりとしてきましたのでふっとちょ四女の場合他の指と同じにも見えました。

救急隊員の方はとても親切で、泣きやんで落ち着いている四女に優しく手が動かせるか、痛いかなど聞いてくれました。

結果折れてはいなさそうなので病院に行くかどうか再検討しました。

退院さんは親切で「今は一旦落ち着いてもまた夜中に急変する事もあるので病院に行く事は悪くない」と私たちが申し訳なさそうにしている姿を見て言ってくださいました。

そして様子を見ることを伝えると「もしまた様子が変わったら自分たちで連れていけそうなら○○に事情を電話してください」「病院の場所などが不安だったり、連れていくことに不安があれば救急車を呼んでください」と言ってくださいました。

命の危険がなければ救急車を呼んでは迷惑がかかるとわかっています。

しかし、三女が額を切った時血がどんどん出てくるし、泣いている。
そんな状態で出かける支度をしてさらには1歳の子供も連れて病院に連れて自分だけで行く事はとても出来ないと感じました。

そのため主人に電話して帰宅を待って病院に行った時に「もっと早く来なさい」と言われました。

そんなことなどが頭をめぐり、今回は手遅れになるより良いと判断した結果ではありました。

おおごとにはならず、救急車の方に帰って貰ってしまう結果は申し訳なく思いましたが救急隊員の方の言葉に救われ、安心しのたです。

そんな事を考えると結果オーライだったのかなと。

少し時間が経って娘の笑顔が戻り、主人はホッとしておりました。

本当に良かった。

ドアにクッションがついていた事も良かったのかもしれません。

でも子供は大人の後をついて歩く事を忘れずに、気をつけたいと思いました。

今は指も少し腫れていますが、元気に動かしています(*^_^*)

IMG_20160329_112501

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*