もうすぐ3歳の娘が窒息するかと思ったひやり事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今まで転んでケガしちゃったりすることはあったけど、三女の娘の額が割れましたこの事件の次位にびっくりしました。

それはいつもと同じ光景で、歯磨きを終えてご褒美としてあげているキシリトールタブレットをあげました。
三女と四女は楽しそうに寝室へと走っていきました。
私はすぐ隣の洗面所で歯を磨いて寝かせる準備をしていました。

すると4歳の三女が「四女ちゃんがゲボしそうだよ!」と大きな声で教えてくれました。
すぐに行くと四女が真っ赤な顔で苦しそうです。
あっつ喉に詰まらせたなと思った私は背中のあたり「ボンボン」とたたきました。
するとゲッボと吐き出しました。
そう、キシリトールタブレットが詰まって息が出来なくなりそうだったのです。

一応このタブレットは窒息を防ぐために穴が開いています。
とはいえやはり苦しかったようです。

それ以来娘はそれは食べなくなっております。
「小さくしてあげようか」と言ってもイヤイヤと頭を振ります。
ちょっとトラウマですね。

とはいえ虫歯予防は子供にとって親の仕事ですので。。。

なので四女ちゃんはシュッシュとするタイプか、グミをあげるようにしました。
皆さんもどうぞお気をつけてあげてくださいね~

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*