離婚して子供を家に置いて深夜仕事に行っていたご近所ママの話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ご近所ママの離婚

もう10年近く前の話だろうか。

ご近所ママは親しいとまでは言えないが、近所であり同じ学童に預けていたので顔を合わせれば会話くらいはした仲でした。

ある時同じ役員になった事がありまして、その集まりの時に彼女が離婚をすると言う話を聞かされました。

離婚自体は夫婦の問題であり、それぞれの家庭の事情がありますので何も言うつもりもなければ筋合いもないと心得ております。

彼女は割と気さくなタイプでしたので、こちらか何か聞かなくても色々話をしてきました。

彼女の話では既に彼氏がいるようで、それがご主人にもバレてしまってちょっと問題にはなっていると。

それは当然の事でしょうね。

ご主人の事も知っておりますが、他人からみたら優しい方です。

彼女は土日関係ない仕事をしていましたから、休日にご主人がご飯を作ったり、自転車の乗り方を教えているのを見かけたりしていました。

ただ、彼女の自宅はかなり結婚していた時から荒れていたようです。

これは子供からも少し聞いてはおりました。

また彼女はその彼氏とすぐに再婚する予定はないとの事でした。

私が彼女に意見をしたのはひとつだけです。

それは彼女の母親が離婚に際してオーブンレンジを買ってくれると言ったらしいのですが、いらないと言ったと聞かされた時です。

私は「あなたが使わなくても子供は必要ではないの?レンジがないと困るでしょ?お母様はあなたのためだけに言っているのではないのよ。子供がケーキを焼きたいと、クッキーを焼きたいと言ったら教えてあげないとだめでしょ。」と申し上げました。

彼女は少し苦笑いしていたような記憶があります。

出すぎた話しなのかもしれません。

でも私は彼女が自分の話や彼の話ばかりだったので、なんとなく子供の事を考えて行動して欲しいと思ったのです。

自分を棚にあげているのかもしれませんが、そんな風に感じていたのです。

彼女の新居

彼女の新居は学区の変わらない近くのアパートに決まりました。

何人かの知人も呼んで飲み会のようなものもあったようですが、私は参加しませんでした。

参加した共通の知人の話では「家はやはり荒れ放題で洗濯ものは干しっぱなし、子供達は下に転がった洗濯ものをニオイで新しいものかかぎ分けて着るのだ」と聞かされました。

これは私が確認した事ではありませんでしたが、多分そうなんだろうなと思いました。

毛じらみ事件

夏になり学童で毛じらみが発生しました。

その際に皆の噂ではありますが、発生源は彼女の家らしいと聞かされ胸が痛みました。

本当かどうかと言うよりも「そのような噂が立つこと」が子供にとって可哀そうに思えてなりませんでした。

夜子供だけを自宅に置いて夜の仕事に行く事

色々な事情がそれぞれの家庭にあり、人が口を出してはいけないのはわかっています。

でもどうしても私には理解しがたい事が起きていました。

それは彼女がまだほんの4歳頃の子供と小学生低学年の子供を自宅において、深夜に夜のお仕事に行く事でした。

しかもそれを「子供が望んだ」と言い訳をした事です。

どのように望んだか、それは「ママが夜一緒にいるのと、夜いないけどおもちゃが買えるのどっちがいい?」

そんな2択ありえないし、保育園の子供にわかるだろうか。

多分ちゃんと理解なんて出来なかったと思うのです。

これには正直驚きを隠せませんでした。

 

あれから10年近く経って、彼女たちがどのように育ったかは分かりません。

 

風の便りでは下の娘さんも中学校。

「帰ってもどうせママいないし」と言っていたとも聞きますが、これも噂話。

今なら迷わず児童相談所に連絡しただろうか。

わかりません。

 

もしお役に立てたり、クスッとして頂いたりご共感頂けた際にはポチっとして頂けますと記事への情熱になったりしなかったり。。。

  • にほんブログ村 子育てブログへ
  • にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*